役立つニュースフラッシュ
あなたに役立つ情報が満載!
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び…地球温暖化対策でサマータイム論争
【静岡】開運 大吟醸波瀬庄吉 720ml
 環境省と経済産業省両省は7日、地球温暖化対策を話し合う審議会の合同会合を開き、追加策として、夏に時刻を1時間前倒しするサマータイム(夏時間)制度導入の是非を議論した。各委員からは前向きな意見が多数を占め、合同会合が12月中に取りまとめる最終報告書に反映される見通しとなった。実現すれば国内では終戦直後以来となる。

 同日の合同会合では、推進派と慎重派が意見を表明。住環境計画研究所の中上英俊所長は、サマータイムが照明などの節約につながることを説明したうえで、「国民が省エネを意識するためのアナウンスメント効果がある」と主張した。

 一方、日本労働弁護団の鴨田哲郎弁護士は「単に1時間早出になるだけ。省エネ効果も科学的に実証されていない」として、長時間労働を助長しかねないと訴えた。

 ただ、各委員からは「生活スタイルや労働環境変革につながる」「年に2回時間帯が変わるときに環境問題の意識が高まるのでは」などと前向きな意見が相次いだ。

 サマータイムは、朝方から明るい時間を有効に使えるため、「照明需要や冷房需要の減少を促す」(社会生産性本部など)として、省エネ、CO2排出削減につながるとの意見がある。旗振り役の日本経団連は今年8月、本部職員約250人を対象に始業・終業時間の1時間前倒しを実施。その結果、猛暑にもかかわらず、二酸化炭素排出量は前年同月比で約5%減少したとの成果を発表した。

 経産省は、同日の合同会合での意見や経団連の“成果”を踏まえ、月内にまとめる最終報告書で「推進すべき」との方向性を盛り込みたい考えを示す...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆経済関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆経済関連の無料のレポート情報
誰も書かなかったトーク秘術 「ある意外な人」が使っている驚愕のワザ

トークの達人がいます。


ニュースキャスター? 評論家?

政治家? 学校の先生?

営業マン? お笑いタレント?


いえいえ、違います!

もっと意外な職業の人なんです。

その人とは・・・?




知る人ぞ知る!1日1分でできる門外不出の健体免疫術とは

あなたは医者や整体師にもう来なくていいよ!と言われたことはありますか?

多くの著名人や政治家などの身体を健康にしてきた飯沼健体免疫術。

1日1分でできる健康人間製造法~健体免疫術~

の門外不出の健康法をご紹介します。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://waverlynews.blog101.fc2.com/tb.php/1119-ef0d30b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。