役立つニュースフラッシュ
あなたに役立つ情報が満載!
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【法廷から】法廷で冗舌に語るジャーナリスト
畠山のスパッととける政治・経済爽快問題集
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071202-00000908-san-soci
 交際していた女性に新しい彼氏ができたことに嫉妬(しっと)し、女性の住むマンションに侵入、汚物をポストに入れて逃げる。こんな嫌がらせを繰り返して逮捕された男は、テレビでもおなじみのジャーナリストだった。

 住居侵入罪に問われたフリージャーナリスト、若宮清被告(61)の初公判が11月30日、東京地裁で開かれた。

 若宮被告は83年8月、フィリピン人政治家、ベニグノ・アキノ氏が亡命先の米国からフィリピンに帰国する際に暗殺事件を目撃、一躍有名になった。その後も、北朝鮮による日本人拉致事件をめぐり、日朝非公式折衝のパイプ役も務めた。ワイドショーのコメンテーターとしてもテレビ出演するなど、お茶の間にも知られる顔だ。

 女性と知り合ったのは平成16年12月ごろ。その後、交際に発展したが、女性には新しい彼氏ができ、若宮被告のもとを去った。女性が新しい彼氏と同棲(どうせい)を始めたのは17年11月ごろのことだ。

 「女性に対して未練が残っていた」と公判で述べた若宮被告。何としても2人の仲を引き裂こうと、18年12月ごろから女性宅のポストに汚物を入れたり、汚物入りの手紙を送ったりするなどの嫌がらせを始めた。また、女性の実家にも同様の嫌がらせや、無言電話を繰り返した。

 若宮被告は起訴事実を認めた上で、当時の心境をコメンテーターらしく冗舌に語った。「嫉妬に狂って常軌を逸していた」「正常な判断がつかなくなっていた」「マンションに侵入するときは胸が張り裂けそうだった」...

ニュースの続きを読む




◆政治関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆政治関連の無料のレポート情報
【経済・社会の疑問語5】~新社会人に贈る!

新・日本の辞典著【疑問語E-BOOKシリーズ VOL.2】は、
新社会人の一つの壁……

「常識的な経済・社会用語」

これを解決してもらおうという内容です。

ではでは、最高のスタートダッシュを切りたい新社会人の方、
e-…

負け組スパイラルからの脱出!稼げるマインドに変えちゃう3つの秘訣。

あなたは見過ごしていませんか?


普通の人が、普通である限り、

いつまでたっても普通であることを。


「そんなの当たり前。。」


もうこの言葉を使うのは封印しましょう。


こんな経験ありませんか?



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://waverlynews.blog101.fc2.com/tb.php/1073-8a811e89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【若宮清】についてブログや通販での検索結果から見ると…

若宮清 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると… 気になるワードを詳しく検索!【2008/06/12 13:30】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。