役立つニュースフラッシュ
あなたに役立つ情報が満載!
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学発ベンチャー企業の現状調査(28)=「エンジェル税制」拡充も検討課題=経産省
ミラクリーン
【PJ 2007年11月22日】- (27)からのつづき。初期段階の大学発ベンチャーの資金調達は厳しい状況にある。この要因としては、①技術そのものに新規性や先端性が高いがゆえにリスクも高いこと、②経営面での脆弱(ぜいじゃく)性があること、③事業のリードタイムが長いことからその間のリスク(経営環境の変化)等があることが挙げられる。

 資金供給状況のうちエンジェル投資について、大学発ベンチャー立ち上げ期への資金調達先を件数ベースでみると、自己資金が8割と高く、親兄弟親戚などが約3割、続いて民間金融機関となっており、自らの知己からの資金調達件数が大きい。個人投資家からの資金調達は、全体の2割弱となっている。

 創業や設立初期段階は、リスクの高さから金融機関からの資金調達が難しく、その結果としてリスクを抱えることのできる個人からの投資が中心となる。こうした個人投資家からの投資が増大させるためには、リスクも高いが将来の大きなリターンも期待できる「創業期」への投資に対して、税制上のさらなる優遇策を期待する声もある。

 個人投資家によるベンチャーへの投資を国際比較すると、英国ではエンジェル税制を活用した投資が4億ポンド(約800億円規模)と日本における20億円の約40倍に相当している。また、米国においては、シーズ期においてリスクマネーを供給する主体として、約200億ドル(約2兆円規模)にも及ぶ大規模エンジェル市場が形成されている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆経済関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆経済関連の無料のレポート情報
消費者金融からの借金をゴッソリ減らす秘術

もし、今ある借金を返済することができたら、
あなたの人生変わりますか?

そうだったら、
私はあなたの人生を変える自信があります!

「借金がなかなか減らない」

「返済日が迫ってるけど、返せる金がない」

「厳しい取立…

家族に言えなかった恐怖の・・・投資で大損する4つの確実な方法

2005年11月、
ニュージーランドドルのチャートを見ていた私は考えてました。

「FXを始めた頃は68円ぐらいだったよなー。
まさか87円まであがるなんてなー。
あの時たくさん買って持っておけば今頃大金持ちだったな。」

そ…

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://waverlynews.blog101.fc2.com/tb.php/1063-4a41a03e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。